視覚刺激と聴覚刺激の繰り返しが効果的!高校受験の暗記科目攻略法

hs-anki

高校受験において、数学や英語は知識の蓄積だけでなく、知識を組み立てて解決するための
解決力がなければ正解を導き出すことはできませんから、最近の内容だけを勉強しても全く
理解できないということも珍しくありません。

また、国語は読解力の有無が成績に直結しますので、読書をすればテストの点数が上がると
いった単純なものではありませんし、勉強時間が読書の時間に奪われることで成績が下がる
おそれさえあるというのですから「害悪」でさえあります。

このような他の3科目と比べると、理科と社会というのは過去との継続は少ない上に暗記を
すればするほどテストの成績が上がっていきますから、高校受験までの日数が少ないほどに
暗記科目から攻略していったほうが効果的
なのです。

もちろん、入試まで十分な時間があれば、英語や数学、国語に一刻も早く取り組むことで、
ライバルが成績を挙げられずに苦しんでいる中で一歩先に進めるのですが、時間が少ないと
いうのであれば理科と社会で点数を稼いだほうがいいわけです。

あなたが暗記が得意で仕方がないというのであれば全く問題ありませんが、覚えた翌日には
全て忘れる
という具合に、暗記に対して苦手意識を持っているのではないでしょうか?

そこで役立つのが「高校受験の暗記科目攻略法」です。

人間が持つ記憶のメカニズムに着目し、視覚刺激と聴覚刺激を繰り返し行うことで、暗記が
苦手な人でも無理なくマスターできます。

以下の「高校受験の暗記科目攻略法」サンプル動画を見てみましょう。

なにか奇妙に感じたかもしれませんが、高速の音声には集中力と記憶力を高める効果がある
ことが明らかになっていますし、高速の音声と同時に文字列を表示させることで、耳だけで
なく目からも同時に情報が入ることで学習効率を高めることに成功
しています。

この動画と音声は何度も繰り返し使えますので、短時間でも飛躍的な効率で勉強することが
できるのです。

【文章を開く】

このページの先頭へ