3ヶ月で劇的に上達!ゼロから始める!バドミントン上達テクニック

badbegin

バドミントンの初心者が効率よく上達するためには、正しいフォームを身に付けることが最低
条件です。

自己流のスイングやフットワークだけでは、センスが良ければ一定のレベルにまでは上達する
ことができるかもしれませんが、必ずと言っていいほどに行き詰まりますし、自己流では更に
上達することができず基礎にまで立ち戻る必要が有ることから結局は遠回りになるわけです。

それでは、正しいフォームを身に付けるために、どのような練習をすればいいのでしょうか?

よくありがちなのが、ひたすら素振りを繰り返して、反復練習で徹底的に身体に覚えこませる
という練習法
です。

バドミントンだけに限らず、どこのスポーツ競技でも当たり前のように行われている基礎練習
ですが、練習してもなかなか上達できないことも珍しくありません。

練習をするにしても、その順番が重要だからです。

いきなり難易度の高いハイクリアーやスピンネットなどから始めるのは論外だとしても、近畿
大学バドミントン部トレーナーで大阪バドミントン協会強化部スタッフの有田浩史さんは最初
にサイドハンドストロークから始めた方がいい
と指摘します。

その後、次のステップに進んでいけば無理なくステップアップができることから、順番などを
全く考えることなく惰性で一通り全てのフォームを練習するよりも効率よく上達できます。

その具体的な上達する手順を有田さんは「ゼロから始める!バドミントン上達テクニック」と
いうDVD動画マニュアルにまとめました。

全くのバドミントン未経験者でも3ヶ月後には基本的な動きは一通り行えるようになり、更に
高度なテクニックや戦術などを身につける準備ができるレベルに到達できます。

【文章を開く】

このページの先頭へ