本格的に受験勉強を始める前にあなたのお子さんを優等生にする方法

benkyodk

>>公開は終了しました<<

優等生」というと、辞書的な意味としては、成績・品行とも特にすぐれている学生や生徒と
なりますが、成績ばかりが重視される傾向が強くなっています。

高学歴の優等生が、スーパーフリーのようなレイプサークルを作ったり、オウム真理教などに
参加していきますし、会社や役所の中で派閥を作って自分の得になることばかりを考えるなど
といった具合ですから、とてもじゃないが品行方正とは言えない人が目立ち過ぎます。

しかし、低学歴な人にとっては、レイプ程度は犯罪ですからできるでしょうが、逆立ちしても
不可能なことばかりが多すぎるために、悪巧みはする気はないとはいっても、やはり、今でも
優等生になったほうが人生で有利な展開をたどれる可能性が飛躍的に高まる
わけです。

あなたのお子さんがすでに優等生だというのであれば、精神的にグレたりすることがないよう
見守ればいいわけですが、平凡な成績だったり劣等生だというのであれば大変です。

うちの血筋はバカばっかりだから優等生なんて無理だと思ってあきらめているかもしれません
が、別に優等生・劣等生というのは遺伝によって決まるわけではありません。

「勉強をするための土台作り」をしっかりと小学生のうちに作っておけば、お受験などを経験
していなければ、中学入試には間に合わないかもしれませんが、高校や大学受験までには十分
間に合わせることが可能だというのは、京大卒で匿名希望の女性の家庭教師F.Mさんです。

「勉強をするための土台作り」といっても、無理矢理に机にかじりつかせて、寝る間を惜しみ
毎日長時間にわたって勉強するように仕向けるといった話ではなく、他にやるべきことがある
わけです。

このページの先頭へ