最短でテニスのフォアハンドを上達できる方法「MAKING CHAMPIONS」

making

アメリカテニス協会が掲げる上達システム「KEY5」という言葉は日本ではあまり知られて
いませんが、KEY5は「システム5」とも呼ばれていることから、あなたも知っているのでは
ないかと思います。

このKEY5(システム5)というのは、コートやスイング、ボールの弾道などを5つの次元に
分けて考えるもので、従来のテクニック偏重のテニスの概念を根本的に覆すものとして高い
評価を受けただけでなく、アメリカだけにとどまらず、日本をはじめとした世界各地で指導
する際に採用されています。

このKEY5(システム5)を開発したのがニック・ボロテリーやゲイブ・ハラミロなどですが
ゲイブ・ハラミロといえば、アガシやシャラポワ、そして、錦織圭など、世界トップレベル
のテニスプレイヤーを次々と輩出してきた指導者として有名ですし、あなたも知っているの
ではないかと思います。

これと並行してテニス自体も進化し続けています。
従来型のサーブとボレーのテニスはすでに時代遅れとなっており、現代のテニスにおいては
ベースラインでアグレッシブルに打ち合うことが一般的で、ストロークの重要性が高まって
いる
わけです。

このゲイブ・ハラミロからストロークを学べる機会などというのは、普通に考えれば無理と
考えるのが自然でしょう。

そもそも、近所のテニス教室でゲイブ・ハラミロが教えているなんてことはありませんし、
もし指導を受けるチャンスがあったとしても、ゲイブ・ハラミロから必要なスキルレベルに
到達していないために、教えてもらったことがマスターできないのではないか
という不安も
あると思います。

それでは、以下の動画のように教えてもらえるのであれば、あなたは理解して実践できると
思いますか?

MAKING CHAMPIONS」の16ステップを使えば、動画のようにスムーズにストロークを
学んで上達することができます。

【文章を開く】

このページの先頭へ