「科学的な法則」で1日で分かる!社会福祉士試験対策の手順を決める方法

keikoku

>>公開は終了しました<<

社会福祉士国家試験の勉強法というのは、標準テキストはもちろんのこと、参考書や問題集を
みても、全くといっていいほど書いていません。

せいぜい、テキストや問題集を効果的に使うためにといった項目が1ページでもあれば上出来
だといったレベルです。

通信講座であも、テキストから問題集、添削といった具合に勉強するようにと書いてある程度
で、どのようにして試験日まで勉強を行うのかといったスケジューリングや具体的な試験対策
の内容は個人のブログや合格者体験談などから読みとくしか無い
という状況です。

もちろん、全くの未学習者と、過去に社会福祉士国家試験を受験して不合格だった経験を持つ
人とでは試験日までの過ごし方は異なりますし、ほとんど休日なく働き詰めで勉強をしている
時間が全く確保できない人と、毎日しっかりと学習時間を確保できる人とでも違います。

だからこそ、試験日までの過ごし方は、あなた自身で考えることだというスタンスを取るのが
大半ですが、逆にどのようにすればいいのか誰も教えてくれないわけですから戸惑ってしまう
のではないでしょうか。

優等生だと、このような試験日までのスケジューリングが非常にうまく、短時間でも効率良く
勉強するために地頭の良さも含めて優等生たるわけですが、凡人であれば中々こういうわけに
いきません。

「問題集から取り組んだほうがいい」といったアドバイスを真に受けて勉強を始めても、当然
ながら大半の問題が解けるわけもなく、結局は問題集からテキストを読み直して覚えるために
とんでもない回り道をした挙句に、全く勉強がはかどらなかったという経験をしたことがある
かもしれませんね。

自分にあった勉強ができないまま断片的な情報に振り回されると、ただでさえ試験範囲が膨大
な社会福祉士国家試験では合格するのは無理
です。

そこで、社会福祉士の木塚大成さんが「科学的な法則を使って、社会福祉士の勉強をどこから
始めるか1日でわかる方法
」という学習法に特化したマニュアルを作成しました。

国家試験ならではの勉強法・攻略法があることを、あなたは知っていますか?

このページの先頭へ