独学で会話力を劇的にアップさせる1ヶ月間!ユーモア・コミュニケーション

humorcmu

>>公開は終了しました<<

あなたは口下手会話下手で損をしていませんか?
内気な性格もあいまって、対人恐怖症などを患っているかもしれません。

初対面の人とは何を話せばいいのかわからないまま、思いどおりに会話ができずに沈黙がちに
なっているかもしれませんね。

会話が得意な人はトークテクニックやノウハウを自然と身につけていることから、秘訣などを
聞いたところで全くピントの外れた答えしか返してこないものです。

彼らにとっては息をするように会話術を身につけたわけですから、相手に説明しようにも自分
でも全くわかってしないことも珍しくなく、会話の回数を増やせば話せるようになるといった
ような曖昧な答えしかかえってこないことも珍しくありません。

その上、話し方の本を読んだり、話し方教室に通って勉強したりトレーニングを積んでも会話
が上達しないケースが大半であって、以下の3つの要素を解決することのほうが先決だと指摘
するのは山崎秀隆さんです。

  • 自意識過剰
  • 劣等感
  • ちっぽけなプライド

かといって、これらの3つの要素をすべて捨て去り、誰に対してもペコペコするような奴隷の
ように生きていけば口下手は解消ができるというのではなく、あくまでも口下手や会話下手を
解消するために過度に持ち合わせている要素を改善することが必要だという話をしているだけ
です。

つまり、劣等感をなくして自意識を小さくした上で、さらに「笑い」の要素を加えることで、
短期間で口下手を解消できる
と山崎さんは言います。

「笑い」といっても、笑わせて稼ぐことが目的ではありませんから、芸人のような振る舞いを
する必要はありません。

あくまでもウイットに富んだユーモアがタイムリーに出せるようになれば十分なのです。

あなたが現時点で全く無理だという状況であっても「ユーモア・コミュニケーション」で独学
すれば、1ヶ月もすれば思いどおりにユーモアあるトークができるようになるだけでなく、口
下手の原因だった3つの要素も自然と解消していくことができます。

このページの先頭へ