バイクのUターンは短時間で上達できる!「U turn Revolution」

u-turn

>>公開は終了しました<<

あなたは「Uターン」したことはありますか?

といっても就職などの話ではなく、オートバイでUターンした経験が全くないという人は一人も
いないとは思いますが、なかなか思いどおりに回ることができずに、毎回のようにハラハラして
いるのではありませんか?

スムーズに曲がれずに転んだ経験があるかもしれませんし、後続の車に轢かれそうになって怖い
思いをしたかもしれません。

しかし、Uターンは、がむしゃらに練習をしても大して上達しないと指摘をするのは「Uターン
バカ
」と自他ともに認められている平譲二さんです。

平さんは、いかに狭いスペースでUターンをするかというマニアックな観点を極めているバイク
好きの一人(二人目がいるかどうかはわかりません)ですが、ライダーとしての技量がはっきり
出るのがUターンだと言うように、美しいUターンが出来るライダーは高度な技量を身につけて
いる
ものです。

練習しても上達しないんだったら、どうすればUターンがスムーズにできるようになれるのか
疑問に思ったのではありませんか?

結論から言えば、勉強不足・意識不足という言葉に尽きると平さんは指摘します。

教習所で学んだUターンの知識だけでは完全に不足している事は言うまでもありませんが、頭を
つかった操縦ができなければバイクを思い通りに操ることはできないという基本を知らない人が
あまりにも多く、公道ライダーの95%は当てはまる話だと平さんは指摘します。

もちろん、サーキット場やオートレース場などで走っている職業レーサーや職業ライダー、警察
に勤める白バイたちは知っている事実ですが、教習所での教え方に欠陥があるとしか思えないと
状況に唖然としたのではないでしょうか。

そこで、その足りない頭脳を穴埋めするための方法を「Uターンマニア」の本領を発揮するべく
平さんが「U turn Revolution」というマニュアルにまとめました。

あなたもすでに知っているように、Uターンには、アクセルワーク、クラッチワーク、ブレーキ
操作、さらには、体重移動、視線、周囲の状況判断、路面の状況判断、恐怖心のコントロールと
いったバイク操作におけるすべての要素が凝縮されています。

その結果、Uターンが上達できると当然ながら、Uターン以外でも危険予知が行えて安全運転が
今まで以上にできるようになる
というわけです。

このページの先頭へ